後鳥羽院下野(読み)ごとばいんの しもつけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後鳥羽院下野 ごとばいんの-しもつけ

?-? 鎌倉時代の歌人。
源家長の妻。後鳥羽院につかえ,はじめ信濃(しなの)と称した。元久元年(1204)の「春日社歌合(うたあわせ)」,宝治(ほうじ)2年の「宝治百首」などに参加。「新古今和歌集」などの勅撰(ちょくせん)集に30首おさめられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後鳥羽院下野

生年:生没年不詳
鎌倉時代の歌人。信濃とも呼ばれた。父は日吉社小比叡禰宜祝部允仲。母は源光基の娘。元久1(1204)年ごろ源家長の妻となる。後鳥羽院の女房として出仕した。藤原定家とも親交があり,「歌仙下州」などと称された。元久1年11月10日『春日社歌合』,寛喜1(1229)年『為家家百首』,貞永1(1232)年7月『光明峰寺摂政家歌合』,嘉禎2(1236)年『遠島歌合』,宝治2(1248)年『宝治百首』『院御歌合』,建長3(1251)年9月13日『影供歌合』など多くの歌合に参加した。なだらかで,落ち着いた歌風。<参考文献>安井久善「後鳥羽院下野攷」(日本大学『語文』1960年5月号)

(谷知子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android