コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源家長 ミナモトノイエナガ

5件 の用語解説(源家長の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐いえなが〔‐いへなが〕【源家長】

[?~1234]鎌倉初期の歌人。後鳥羽上皇に仕え、和歌所開闔(かいこう)となり、新古今集の編集に当たった。著「源家長日記」は和歌史の貴重な資料。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源家長 みなもとの-いえなが

?-1234 鎌倉時代の官吏,歌人。
醍醐(だいご)源氏。但馬守(たじまのかみ)となり,従四位上。後鳥羽(ごとば)上皇に近侍。和歌所の開闔(かいこう)として「新古今和歌集」の編集実務にあたり,その記録を「源家長日記」にのこした。文暦(ぶんりゃく)元年死去。享年は六十余歳。妻は後鳥羽院下野(しもつけ),娘に藻璧門院(そうへきもんいんの)但馬。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源家長

没年:文暦1(1234)
生年:嘉応2頃(1170)
鎌倉時代の歌人。大膳亮時長の子。妻は祝部允仲の娘である後鳥羽院下野。子に歌人の家清,藻璧門院但馬がいる。初め後白河院皇子承仁法親王に仕え,のちに後鳥羽天皇に出仕した。建仁1(1201)年和歌所の開闔(書物の出納などをつかさどる役)を命ぜられ,『新古今集』選集の事務的中心の役割を果たす。正治2(1200)年『院第二度百首』,建仁1(1201)年『千五百番歌合』,貞永1(1232)年に完成をみた『洞院摂政家百首』など多数の歌会,歌合に参加した。平明で落ち着きのある作風。日記に『家長日記』がある。<参考文献>石田吉貞,佐津川修二『源家長日記全注解』

(谷知子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みなもとのいえなが【源家長】

1170?~1234) 平安末期・鎌倉初期の歌人。従四位但馬守。和歌所開闔かいこう。後鳥羽院歌壇で活躍し、新古今集以下の勅撰集に三四首入集。著「源家長日記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源家長
みなもとのいえなが
(?/1173―1234)

鎌倉時代の歌人。父は蔵人大膳大夫(くろうどだいぜんのだいぶ)時長。母は未詳。歌人の後鳥羽院(ごとばいん)女房下野(しもつけ)(信濃(しなの))は妻。後白河(ごしらかわ)皇子の承仁(しょうにん)親王に出仕、その後、1196年(建久7)12月後鳥羽院に出仕。蔵人、兵庫守(かみ)を経て但馬守(たじまのかみ)。1201年(建仁1)7月『新古今集』撰修(せんしゅう)の和歌所(どころ)の開闔(かいこう)となり編集の実務にあたる。「正治(しょうじ)2年(1200)十二月後鳥羽院第二度百首」「建仁(けんにん)元年三月十六日通親(みちちか)家影供歌合(えいくうたあわせ)」「建仁元年三月二十九日新宮撰歌合(せんかあわせ)」、「院第三度百首」を結番した「千五百番歌合」にも参加。それ以降の「元久(げんきゅう)二年(1205)六月元久詩歌合(しいかあわせ)」「建保(けんぽう)六年(1218)道助法親王(どうじょほっしんのう)家五十首」「寛喜(かんき)二年(1230)六月洞院摂政(とういんせっしょう)家百首」などに参加。『家長日記』がある。[有吉 保]
『石田吉貞・佐津川修二著『源家長日記全註解』(1968・有精堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の源家長の言及

【和歌所】より

歌会始【藤岡 忠美】
[和歌所寄人]
 和歌所の職員は寄人(よりうど),また召人(めしうど)とよばれた。《後撰集》の撰者5人は〈梨壺の五人〉として著名だが,1201年7月,後鳥羽院の院宣によって開設された和歌所には,源家長を開闔(かいこう)(書物の出納・管理等にあたる職)として,当代の有力歌人の藤原良経,源通親,藤原俊成ら14人が寄人に任命された。同年11月にはこの寄人の中から,源通具,藤原定家ら6人が《新古今集》の撰者となっている。…

※「源家長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

源家長の関連キーワード甘露寺時長続後撰和歌集珍誉祝部成茂祝部成仲祝部成仲女藤原顕氏藤原資頼和気時長和気長世

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone