勅撰(読み)ちょくせん

精選版 日本国語大辞典「勅撰」の解説

ちょく‐せん【勅撰】

〘名〙
文集・詩歌集などを、勅宣または、上皇法皇院宣によって撰定し編集すること。また、そのもの。
※袋草紙(1157‐59頃)上「拾遺集之後有抄。集中妙詞歟。又勅撰也」 〔四庫提要‐経六、易類六〕
② 文集、詩歌集を、天皇または、上皇・法皇がみずから撰定し編集すること。また、そのもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「勅撰」の解説

ちょく‐せん【勅×撰】

天皇・上皇の命によって、詩文を選び、書物編纂(へんさん)すること。⇔私撰
天皇・上皇がみずから詩文を選び、書物を編纂すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android