徒前(読み)たださき

精選版 日本国語大辞典「徒前」の解説

ただ‐さき【徒前】

〘名〙 (手の先の) 鷹飼の語で、左半身のこと。鷹狩りで、鷹をの手に据えた時、その左側が手の先の方に位置するところからいう。たなさき。
藻塩草(1513頃)一〇「たたさき たなさき共云、たたさきの

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android