藻塩草(読み)モシオグサ

デジタル大辞泉の解説

もしお‐ぐさ〔もしほ‐〕【藻塩草】

アマモの別名。
藻塩1をとるために使う海藻。掻(か)き集めて潮水を注ぐことから、和歌では多く「書く」「書き集(つ)む」にかけて用いる。
「あまたかきつむ―」〈栄花・岩蔭〉
《書き集めるものの意から》随筆や筆記などのこと。
「―とのみ筆を染め参らせ候」〈仮・の介・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もしおぐさ【藻塩草】

藻塩をとるために使う海藻・海草。かきあつめて、潮水をそそぐことから、「書く」の縁語に用いられることが多い。 「いづくとも知らぬ逢瀬の-かきおく跡を形見とも見よ/平家 10
随筆・筆記類の異名。 「よしなし言を心にまかせ、書きてぞおくる-/松の葉」
「あまも」の別名。
書名(別項参照)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藻塩草 (モシオグサ)

植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物。ウメの別称

藻塩草 (モシオグサ)

植物。バラ科の落葉低木,園芸植物。ヤマブキの別称

藻塩草 (モシオグサ)

植物。アマモ科の沈水性多年。アマモの別称

藻塩草 (モシオグサ)

植物。シバナ科の抽水性多年草。シバナの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android