コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藻塩草 モシオグサ

2件 の用語解説(藻塩草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もしお‐ぐさ〔もしほ‐〕【藻塩草】

アマモの別名。
藻塩1をとるために使う海藻。掻(か)き集めて潮水を注ぐことから、和歌では多く「書く」「書き集(つ)む」にかけて用いる。
「あまたかきつむ―」〈栄花・岩蔭〉
《書き集めるものの意から》随筆や筆記などのこと。
「―とのみ筆を染め参らせ候」〈仮・恨の介・下〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もしおぐさ【藻塩草】

藻塩をとるために使う海藻・海草。かきあつめて、潮水をそそぐことから、「書く」の縁語に用いられることが多い。 「いづくとも知らぬ逢瀬の-かきおく跡を形見とも見よ/平家 10
随筆・筆記類の異名。 「よしなし言を心にまかせ、書きてぞおくる-/松の葉」
「あまも」の別名。
書名(別項参照)。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藻塩草の関連情報