コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒歩所要時間の表示 とほしょようじかんのひょうじ

1件 の用語解説(徒歩所要時間の表示の意味・用語解説を検索)

不動産用語辞典の解説

徒歩所要時間の表示

徒歩所要時間の表示」とは、宅地や建物を分譲する際に不動産広告などに表示される当該物件から交通機関や教育機関までの所要時間の表示のことです。この徒歩所要時間の算出にあたっては、不動産の表示に関する公正競争規約により定められており、「80m=1分」として算出し、1分未満については1分に切り上げることとしています。なお、この所要時間には、信号待ち時間など固有の要素は含まれません。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徒歩所要時間の表示の関連キーワードラップタイムスプリットタイム計時徒歩軍最小時間の原理最小到達時間の原理住居表示宅地建物取引主任者証1坪踏査競技

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone