コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュ

デジタル大辞泉の解説

じゅ【従】

位階上下に分けたもののうち、下の階級の称。「五位」⇔正(しょう)

じゅう【従】

中心に対して、付属的なもの。「内容形式だ」⇔

じゅう【従〔從〕】[漢字項目]

[音]ジュウ(慣) ショウ(漢) ジュ(呉) [訓]したがう したがえる より
学習漢字]6年
〈ジュウ〉
後について行く。つきしたがう。「従軍従者侍従臣従随従追従
つきしたがう者。また、中心的なものに対する付属的な地位。「従犯主従
逆らわず言うなりになる。したがう。「従順従属屈従三従忍従服従面従盲従
事にたずさわる。「従事従業員専従
親族の名称に付けて、それより親等が遠いことを表す。「従孫従弟従姉妹従祖父
ある時を起点としてそれから。「従前従来
〈ショウ〉
つきしたがう。「扈従(こしょう)追従
縦(たて)。「合従(がっしょう)
ゆったりする。「従容
〈ジュ〉主たる官位に次ぐもの。「従三位(じゅさんみ)」
[名のり]しげ・つぐ
[難読]従兄(いとこ)従弟(いとこ)従姉(いとこ)従妹(いとこ)従兄弟(いとこ)従姉妹(いとこ)

しょう【従/縦】[漢字項目]

〈従〉⇒じゅう
〈縦〉⇒じゅう

ひろい【従】

[接頭]《「ひろ(広)き」の音変化》同じ位階のうち、低いほうであることを示す。正位を「おおい」というのに対する。「従八位」を「ひろいやつのくらい」とよむ類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅ【従】

同じ位階を上下に分けたときの下の方を示す語。 ↔ しよう 「 -三位」

じゅう【従】

主要なものに、付属するもの。 ↔ 「仕事が主で、家庭のことは-だ」

ひろい【従】

( 接頭 )
〔天武天皇のときに制定された爵位号の「広」に由来する。「ひろき」の音便〕
同じ位階のうちで下位の方のものであることを表す。 「従八位下比呂伊夜豆乃久良比乃之毛豆之奈/和名抄」 ↔ おおい(大)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

従の関連キーワード第2種兼業農家藤原有子(1)間欠運動機構宗形鳥麻呂主物・従物右近衛将曹左近衛将曹藤原小童子清水谷公考半従量制藤原祖子官位相当三井高生八上女王春澄高子左兵衛督天武天皇右兵衛督藤原為理出雲益方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

従の関連情報