(読み)ジュ

デジタル大辞泉の解説

じゅ【従】

位階上下に分けたもののうち、下の階級の称。「五位」⇔正(しょう)

じゅう【従】

中心に対して、付属的なもの。「内容形式だ」⇔

じゅう【従〔從〕】[漢字項目]

[音]ジュウ(慣) ショウ(漢) ジュ(呉) [訓]したがう したがえる より
学習漢字]6年
〈ジュウ〉
後について行く。つきしたがう。「従軍従者侍従臣従随従追従
つきしたがう者。また、中心的なものに対する付属的な地位。「従犯主従
逆らわず言うなりになる。したがう。「従順従属屈従三従忍従服従面従盲従
事にたずさわる。「従事従業員専従
親族の名称に付けて、それより親等が遠いことを表す。「従孫従弟従姉妹従祖父
ある時を起点としてそれから。「従前従来
〈ショウ〉
つきしたがう。「扈従(こしょう)追従
縦(たて)。「合従(がっしょう)
ゆったりする。「従容
〈ジュ〉主たる官位に次ぐもの。「従三位(じゅさんみ)」
[名のり]しげ・つぐ
[難読]従兄(いとこ)従弟(いとこ)従姉(いとこ)従妹(いとこ)従兄弟(いとこ)従姉妹(いとこ)

しょう【従/縦】[漢字項目]

〈従〉⇒じゅう
〈縦〉⇒じゅう

ひろい【従】

[接頭]《「ひろ(広)き」の音変化》同じ位階のうち、低いほうであることを示す。正位を「おおい」というのに対する。「従八位」を「ひろいやつのくらい」とよむ類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅ【従】

同じ位階を上下に分けたときの下の方を示す語。 ⇔ しよう 「 -三位」

じゅう【従】

主要なものに、付属するもの。 ⇔ 「仕事が主で、家庭のことは-だ」

ひろい【従】

( 接頭 )
〔天武天皇のときに制定された爵位号の「広」に由来する。「ひろき」の音便〕
同じ位階のうちで下位の方のものであることを表す。 「従八位下比呂伊夜豆乃久良比乃之毛豆之奈/和名抄」 ⇔ おおい(大)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅ【従】

〘名〙 同じ位階を上・下の二等級に分けた、その下の等級。「従一位」など。
※続日本紀‐大宝元年(701)三月壬寅「右大臣従二位阿倍朝臣御主人」

じゅう【従】

〘名〙
① 主となるものに付属すること。また、そのもの。
※俳句の世界(1954)〈山本健吉〉一「他人の作品を鑑賞しようとすることは従であり」
② 主人に仕える人。従者。家来。
※玉葉‐治承四年(1180)七月一二日「余最前之従、廿五年積奉公」 〔書経‐冏命〕
③ 律で、従犯の者をいう。
※律(718)名例「不累減若従坐減、自首減、故失減、公坐相承減者、又以議請減之類、得累減」 〔唐律疏議〕
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉八「東山と謂ふ従(ジウ)三位(み)の子爵であるのを思ひ出す」

ひろい【従】

〘接頭〙 位階を表わす名詞の上に付いて、その位の低い方であることを表わす。「大(おおい)」に対する語。また、同位階の下位であることをも表わす。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

ひろき【従】

〘接頭〙 ⇒ひろい(従)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

従の関連情報