御事納め(読み)オコトオサメ

デジタル大辞泉の解説

おこと‐おさめ〔‐をさめ〕【御事納め】

江戸時代、陰暦2月8日に年神の棚を取り外したりして、正月の行事の終わりとしたこと。事納め。御事。⇔御事始め
東国で、陰暦12月8日に行った、その年の農事の終わりの行事。この日は、「目一つ小僧」の魔物が来るので、目の多い籠(かご)を掲げ、追い払うもの。事納め。御事。⇔御事始め。→事八日(ことようか)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おことおさめ【御事納め】

江戸時代、陰暦2月8日に年神の棚をはずして正月の行事を終わること。ことおさめ。
古く東国で、陰暦12月8日に農事を終わることを祝って行なった行事。おこと。ことおさめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android