コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御事納め オコトオサメ

デジタル大辞泉の解説

おこと‐おさめ〔‐をさめ〕【御事納め】

江戸時代、陰暦2月8日に年神の棚を取り外したりして、正月の行事の終わりとしたこと。事納め。御事。⇔御事始め
東国で、陰暦12月8日に行った、その年の農事の終わりの行事。この日は、「目一つ小僧」の魔物が来るので、目の多い籠(かご)を掲げ、追い払うもの。事納め。御事。⇔御事始め。→事八日(ことようか)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おことおさめ【御事納め】

江戸時代、陰暦2月8日に年神の棚をはずして正月の行事を終わること。ことおさめ。
古く東国で、陰暦12月8日に農事を終わることを祝って行なった行事。おこと。ことおさめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御事納めの関連キーワード江戸時代事八日御事汁

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android