事八日(読み)ことようか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事八日
ことようか

2月8日と 12月8日の年2回行われる行事で,事八日のコトは小さな祭りの意。その一方だけを重視する地方もある。この日は一つ目の怪物が来るといい,これを避けるために目籠を竿先に掛けて軒先に立てたりするほか (→一つ目小僧 ) ,針供養などの行事がある。これらは物忌から発したもので,仕事を休んで静かに家で謹慎していることが本義であるが,のちに転じて,怪物や鬼や疫神が来るからだと説明するようになったと考えられる。物忌は祭りに先立って行うものであるが,事八日を正月の前後の物忌とした地方では,12月8日を事始め,2月8日を事納めといい,一方1年の農耕儀礼のための物忌とした地方では逆に2月8日を事始め,12月8日を事納めと呼んでいる。また,長野県や愛知県では,それぞれの神を村境まで送る習俗があり,事八日の起源を神の送り迎えの祭りに求める説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ことようか【事八日】

陰暦2月8日のお事始めと12月8日のお事納めの称。全国的に針供養を行うほか、東日本では一つ目小僧や厄神が訪れるという伝承があり、目籠めかごやニンニクなどを庭先に置いて妖怪の到来を防ぐ風習がある。かつては厳重な物忌をすべき日であった。八日節供。八日吹き。 → お事納めお事始め

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事八日
ことようか

2月8日と12月8日の行事。八日節供、八日待(まち)、八日ぞう、事始め、事納めなど各地でさまざまないい方があるが、これらを総称する民俗学上の術語。中部地方以東では両月とも行う所が多いが、北陸地方から西日本では12月に重点を置いて行っている。ただし近畿、中国地方ではこれに関連する行事として旧暦3月以降に「春事(はるごと)」という行事が広くある。両月とも行う所では2月と12月が対応し、2月8日を「事始め」、12月8日を「事納め」とよぶのが一般的である。しかしこれを逆にいう所もある。事八日の内容は、家の軒に目籠(めかご)を高く掲げたり、門口にヒイラギやイワシの頭、ニンニクを取り付けたり、あるいは餅(もち)や団子を木に挿して門口に立てたりしている所が多く、これらは疫病神、魔物や一つ目小僧、みかわり婆(ばあ)さんといった妖怪(ようかい)などが家に訪れてくることを防ぐためのものと伝承されている。こうした伝承の本来の意味は、この日に来訪する神があり、物忌みすべき日であることを示している。[小川直之]
『和歌森太郎著『年中行事』(1966・至文堂) ▽文化庁編『日本民俗地図1 年中行事1』(1969・国土地理協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android