コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御事 オコト

4件 の用語解説(御事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐こと【御事】

[名]御事始め」または「御事納め」の略。
[代]二人称の人代名詞。あなた。親しみを込めていう語。主に中世・近世に用いた。
「ただ―の苦しさをこそ存じ候へ」〈保元・中〉

おん‐こと【御事】

[名]
人を敬って、その人に関する事柄をいう語。
「主上御不予の―と聞こえさせ給ひしかば」〈平家・一〉
貴人を敬って、その誕生や死を婉曲にいう語。
「後朱雀院の―をおぼしめし嘆きて」〈玉葉集・雑四・詞書〉
人を敬っていう語。おひと。おかた。
「まことに尊き―で渡り候はば」〈謡・江口
[代]二人称の人代名詞。あなたさま。
「かやうに付き副ひ奉るも、我らが身の上はさておきぬ。ただ―の苦しさをこそ存じ候へ」〈金刀比羅本保元・中〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おこと【御事】

( 名 )
「御事始め」または「御事納め」の略。
( 代 )
二人称。相手に対して親しみの情をこめて呼ぶ語。そなた。 「只-の苦しさをこそ存じ候へ/保元

おんこと【御事】

( 名 )
貴人にかかわる「こと」を敬っていう語。 「女院の御なげき、たぐひすくなかりし-なり/保元
特に、貴人の死去のこと。 「後嵯峨院の-ののち/新後撰 雑下詞
人を敬っていう語。おかた。 「これはこの辺りにては見馴れ申さぬ-なり/謡曲・賀茂」
( 代 )
二人称。相手を敬っていう語。あなた様。 「 -をのみなむ、心苦しう思ひ聞こゆるに/源氏 総角

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御事の関連キーワード御所御目御服貴姉貴台参殿尊体尊堂拝眉令堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御事の関連情報