御園生圭輔(読み)みそのう けいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御園生圭輔 みそのう-けいすけ

1912-1995 昭和時代後期の放射線医学者。
大正元年12月15日生まれ。昭和20年陸軍軍医として広島の原爆被爆調査にあたる。42年放射線医学総合研究所所長。56年原子力安全委員会委員長となり,原発建設の際に地元の意見をきく公開ヒアリング制度の導入に力をつくした。平成7年8月25日死去。82歳。広島県出身。東京帝大卒。随筆集に「竹ぼうき」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android