コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御園生圭輔 みそのう けいすけ

1件 の用語解説(御園生圭輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御園生圭輔 みそのう-けいすけ

1912-1995 昭和時代後期の放射線医学者。
大正元年12月15日生まれ。昭和20年陸軍軍医として広島の原爆被爆調査にあたる。42年放射線医学総合研究所所長。56年原子力安全委員会委員長となり,原発建設の際に地元の意見をきく公開ヒアリング制度の導入に力をつくした。平成7年8月25日死去。82歳。広島県出身。東京帝大卒。随筆集に「竹ぼうき」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

御園生圭輔の関連キーワードバックグラウンド放射線残留放射線江上信雄佐藤周子末次逸馬武田俊光塚本憲甫中泉正徳中島良貞樋口助弘

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone