御幣担(読み)ごへいかつぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

ごへい‐かつぎ【御幣担】

〘名〙
① 御幣をかつぎ持ってゆく人。御幣もち。
② (御幣をかついで不吉なものを祓(はら)う意から) 縁起や迷信を極度に気にすること。また、その人。おんべいかつぎ。かつぎや。
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉二「又俗に御幣(ゴヘイ)かつぎといふて、不吉なはなしや不吉な事を嫌ひ」

おんべい‐かつぎ【御幣担】

〘名〙 (御幣(ごへい)をもって不吉をはらう意から) 縁起を気にして、つまらないことを忌みきらったりすること。また、その人。ごへいかつぎ。縁起かつぎ。おんべい。おんべかつぎ。
※洒落本・蚊不喰呪咀曾我(1779)「此びんぼう神のおんべいかつぎめら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android