御抱(読み)おかかえ

  • おかかえ ‥かかへ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 江戸時代、一定の年限を定めて幕府、大名に召し抱えられた者。一代限りを原則とした。
※御日記寄‐天明三年(1783)一二月(尾州)「此月馬場四郎兵衛新規御抱 御手筒組被仰付」
② 給料を支払って人を雇っておくこと。また、その人。「御抱医者」「御抱運転手」などと熟しても用いられる。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉天下太平なる哉「文士は本屋のお抱(カカヘ)となる」
③ 抱え帯に使う細帯や丸ぐけ帯をいう女房詞。〔公家言葉集存(1944)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android