御救米(読み)おすくいまい

  • おすくいまい おすくひ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代、飢饉、災害などの被災者を救済するための応急施米。おすくい。
※財政経済史料‐二・財政・賑恤・災害救済・宝暦五年(1755)四月日「居宅不残致類焼候に付、願之通御救米被下候間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御救米の言及

【救米】より

…江戸時代の困窮民に対する救恤(きゆうじゆつ)策の一つ。多くは飢饉,火災,水害などの災害時,罹災窮民のいっそうの困窮化を防ぐため,幕府,領主などによって与えられる救助米を指し,人々はこれを敬して御救米と称した。これに対して,民間で行われる救済の救助米は合力米,施行米と称される場合が多い。…

※「御救米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android