コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御母衣湖 ミボロコ

デジタル大辞泉の解説

みぼろ‐こ【御母衣湖】

岐阜県西北部、庄川上流をせき止めてできた人造湖。昭和36年(1961)に完成した発電専用のロックフィルダムである御母衣ダム貯水池。湖面標高760メートル、面積8.8平方キロメートル、総貯水量3億7000万立方メートル。西岸に白川街道が通じ、白川郷への観光ルートになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕御母衣湖(みぼろこ)


岐阜県北西部、庄(しょう)川上流部の御母衣ダムによってできた人造湖。御母衣ダムは、1961年(昭和36)完成の発電用ダムで、ロックフィル式(堤高131m、堤長405m、面積8.8km2、総貯水容量3億7000万m3)。ダム基部に最大出力21万5000kWの御母衣第1発電所がある。世界遺産(文化遺産)に登録された白川郷(しらかわごう)の合掌造り集落が北方約13kmにあり、国道156号(白川街道)でつながる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御母衣湖の言及

【御母衣ダム】より

…電源開発(株)によって1961年完成された。高さ131m,堤頂長405m,堤体積795万m3,貯水池(御母衣湖)の湛水(たんすい)面積8.8km2,総貯水量3億7000万m3,有効貯水量3億3000万m3。ダム直下の地下に最大出力21万5000kWの御母衣第1発電所がある。…

※「御母衣湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御母衣湖の関連キーワード荘川