コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄川 しょうがわ

8件 の用語解説(庄川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庄川
しょうがわ

富山県西部,砺波市南部の旧町域。庄川砺波平野に出る地点にある。 1952年東山見 (ひがしやまみ) 村,青島村,雄神 (おかみ) 村,種田村の4村が合体して町制。 2004年砺波市と合体。中心地区の金屋は扇状地の扇頂部を占め,古くから庄川上流の五箇山に通じる谷口集落として,また飛騨山地からの流材の集散,および製材,木工の町として発展してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

庄川
しょうがわ

岐阜県富山県の西部を貫流して富山湾に注ぐ川。全長 115km。岐阜県北西部にある烏帽子岳 (1625m) に発し,飛騨山地を深く刻み北流,砺波市南部の金屋付近で山地を出て砺波平野を形成し,さらに北流して射水市で富山湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐がわ〔シヤウがは〕【庄川】

岐阜県、烏帽子岳付近に源を発し、北流して砺波(となみ)平野に入り、射水(いみず)市で富山湾に注ぐ川。ダムが多い。長さ115キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

庄川【しょうがわ】

富山県西部の川。上流を白川,下流を射水川ともいう。長さ115km。流域面積1180km2。岐阜県中部の飛騨高地に発し,峡谷をなして曲流しつつ北流,砺波(となみ)平野に出て大きな扇状地をつくり,新湊市(現・射水市)で富山湾に注ぐ。
→関連項目新湊[市]大門[町]砺波[市]富山[県]富山平野

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

庄川

富山県砺波市にある道の駅。国道156号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうがわ【庄川】

岐阜県中部,飛驒高地の烏帽子(えぼし)岳(1625m)に源を発し,北流して富山県に入り富山湾に注ぐ川。幹川流路延長115km,全流域面積1180km2。下流部で広大な扇状地(砺波(となみ)平野),河口沖合にみごとな海谷を形成する。古くは西側を並行して流れる小矢部川を合わせ射水(いみず)川と呼ばれていた。上流は深い谷を刻み,白川郷五箇山(ごかやま)などの山村は長い間隔絶された地域であったが,豊富な水量を利用する電源開発によってしだいに開けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうがわ【庄川】

岐阜県北西部の烏帽子岳えぼしだけ付近に源を発し、北流して富山湾に注ぐ川。長さ115キロメートル。中流に白川郷・五箇山の秘境がある。また、御母衣みぼろダムなど多くの発電用ダムがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県(富山県)〕庄川(しょうがわ)


岐阜県北西部から富山県西部を流れる川。1級河川(庄川水系)。延長115km。流域面積1180km2。飛騨(ひだ)高地の烏帽子(えぼし)岳(標高1625m)南西約3kmの山中(やまなか)峠に源を発し、北流して砺波(となみ)平野に扇状地をつくり、射水(いみず)市港町で富山湾に注ぐ。源流から大野(おおの)郡白川(しらかわ)村平瀬(ひらせ)までは上白(かみしら)川ともいい、それより下流の岐阜県内では白山東腹から流れ来る支流の名を取り大白(おおしら)川(大白河)ともよばれる。富山県側では「荘川」ともかかれる。1930年(昭和5)からの電源開発で、御母衣(みぼろ)・椿原(つばきはら)・小牧(こまき)などのダムが建設された。中流の合口(ごうくち)ダムは砺波平野の灌漑(かんがい)に利用される。上流域の白川郷(岐阜県白川村荻町)と中流域の五箇山(ごかやま)(富山県南砺(なんと)市相倉(あいのくら)・同市菅沼)の合掌(がっしょう)造り集落は1995年(平成7)世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の庄川の言及

【砺波平野】より

…富山県西部の平野。飛驒高地から北流する庄川と小矢部川によって造成された複合扇状地であるが,庄川扇状地が大部分を占める。現在,庄川は砺波平野の東部を北流しているが,古くははんらんによってしばしば流路を変更した。…

【富山平野】より

… 呉西平野は射水(いみず)平野,砺波(となみ)平野,氷見(ひみ)平野(低地)より構成されている。射水平野は,西は小矢部(おやべ)川,東は神通川,南は高岡市の古城公園付近と射水丘陵の北縁を結んだ線以北の低湿な平野で,小矢部川,庄川,下条(げじよう)川,鍛冶川,神通川などの諸河川で造成された複合三角州である。射水平野は県内で最も広大な湿田地帯で農作業が困難なうえ,しばしば冠水して生産も不安定だったため,大正末期ごろから乾田化への努力がなされてきた。…

※「庄川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

庄川の関連キーワード赤平川北川小糸川コロンビア川神通川葛城川留萌川岐阜県本巣郡北方町岐阜県岐阜市山県北野姿川

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

庄川の関連情報