御物御画目録(読み)ごもつおんえもくろく

世界大百科事典 第2版の解説

ごもつおんえもくろく【御物御画目録】

足利義満以来の代々の将軍家所蔵の中国絵画を記載したもので,能阿弥による奥書をもつ写本1巻が現存する。原本はなく撰述年代も不明であるが,能阿弥時代をあまり下らないものと考えられる。内容は,公府所蔵の中国絵画約90点を〈〉〈大〉〈紙横〉〈二幅〉〈独幅〉などの項目に分け,それぞれの画題と筆者,讃者名を記す。室町幕府の御物の状態を知るうえで重要な資料である。写本は東京国立博物館蔵。【衛藤 駿】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android