コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御物御画目録 ごもつおんえもくろく

世界大百科事典 第2版の解説

ごもつおんえもくろく【御物御画目録】

足利義満以来の代々の将軍家所蔵の中国絵画を記載したもので,能阿弥による奥書をもつ写本1巻が現存する。原本はなく撰述年代も不明であるが,能阿弥時代をあまり下らないものと考えられる。内容は,公府所蔵の中国絵画約90点を〈〉〈大〉〈紙横〉〈二幅〉〈独幅〉などの項目に分け,それぞれの画題と筆者,讃者名を記す。室町幕府の御物の状態を知るうえで重要な資料である。写本は東京国立博物館蔵。【衛藤 駿】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

御物御画目録の関連キーワード東山御物

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android