御用掛(読み)ごようがかり

精選版 日本国語大辞典「御用掛」の解説

ごよう‐がかり【御用掛】

〘名〙 もと、宮内省その他の役所を受けて用務をつかさどった。また、その職にある人。〔財政経済史料‐三・経済・節倹・天明八年(1788)四月四日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android