節倹(読み)せっけん

精選版 日本国語大辞典「節倹」の解説

せっ‐けん【節倹】

〘名〙 (形動) 出費を少なくして質素にすること。節約すること。また、物事をほどほどにすること。また、そのさま。
※家伝(760頃)上「送終之具、因其遺言、務従節、以申宿志
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「又その行節倹にして酒を好まず」 〔史記‐平津侯主父伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「節倹」の解説

せっ‐けん【節倹】

[名・形動](スル)出費を控えめにして質素にすること。また、そのさま。倹節。節約。
「奢侈なる人と―なる人と」〈中村訳・西国立志編
「お母様が―して遣って下さるから」〈鴎外・半日〉
[類語]経済節約倹約節用セーブエコノミー切り詰める引き締めるつづめる節するけちるけちけちする出し惜しむ出し渋る爪に火を点す財布の紐を締める財布の紐が堅い始末

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「節倹」の解説

【節倹】せつけん

倹約。〔史記、晏嬰伝〕儉力行を以て齊に重んぜらる。に齊に相となり、を重ねず、は帛を衣(き)ず。其のに在るや、~ち言を(たか)くす。~此れを以て三世名を侯に顯はす。

字通「節」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トビウオ

ダツ目トビウオ科の海水魚。別名アキツトビウオ,ホントビ。体長 35cm。体は長く,背面は平たい。側線は腹面近くを走る。鱗は円鱗ではがれやすい。尾鰭の下葉は上葉に比べて大きい。胸鰭は特に長く,よく発達し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android