用務(読み)ようむ

精選版 日本国語大辞典 「用務」の意味・読み・例文・類語

よう‐む【用務】

〘名〙 なすべきつとめ。課せられている仕事
馬上の友(1903)〈国木田独歩〉「互に失念して居た用務(ヨウム)を弁ずべく更に二十分ばかりを費した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「用務」の意味・読み・例文・類語

よう‐む【用務】

課せられている務め。なすべき仕事。
「新聞社の種々の―を弁ずるために」〈鴎外渋江抽斎
[類語]用事用向き用件所用小用こよう・しょうよう野暮用雑用雑事私用公用社用商用急用多用主用変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「用務」の読み・字形・画数・意味

【用務】ようむ

用事。

字通「用」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

道頓堀川

大阪府中部,大阪市の中央部にある運河。東横堀川から中央区の南部を東西に流れて木津川にいたる。全長約 2.5km。慶長17(1612)年河内国久宝寺村の安井道頓が着工,道頓の死後は従弟の安井道卜(どうぼ...

道頓堀川の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android