御目に留まる(読み)オメニトマル

  • おめ
  • に 留(と)まる
  • 御目
  • 御目(おめ)に留(と)ま・る

精選版 日本国語大辞典の解説

目上の人から認められる。注目するところとなる。
※歌舞伎・彩入御伽草(おつま八郎兵衛)(1808)序幕「御前様のお目にとまり、〈略〉お屋敷へ御奉公に上げまする筈にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android