コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御金 オカネ

2件 の用語解説(御金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐かね【御金】

貨幣。金銭。また、財産。「お金持ち」
[補説] 
2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「お金」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆人々の幸せをつくり、人々の争いをつくるもの。
kamiyotaさんの作品

◆ピンチの時に助けに来てくれないヒーロー。
Harryさんの作品

◆みんな一番ほしがるけど、一番大切なものとは替えられない紙きれや金属片。
ちょコぱふぇさんの作品

◆派手に使うと笑われる。貯め込んでも笑われる。十分に持ってないと、余計笑われるもの。
pinokoさんの作品

◆貸し借りに失敗すると、友達と信用と未来を失いがちなもの。
「人生ライブ」さんの作品

◆稼いだ額より、その使い道で人間の善し悪しが判断されるもの。
おにぎりさんの作品

◆額に汗して作るもの。だが、本当に造ってしまうと犯罪。
おはぎさんの作品

2014年2月21日放送「笑っていいとも!」の最優秀作品
◆世界に蔓延する、命なきいきもの。
タモリさんの作品

◆世の中に存在する物の価値を平等に計ることの出来るもの。
草彅剛さんの作品

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おかね【御金】

金銭を丁寧にいう語。 「 -を使う」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御金の関連キーワード行政財産小金家作金銭財産家財産出資信託財産蓄財金持有形財産

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御金の関連情報