コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微生物農薬 びせいぶつのうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微生物農薬
びせいぶつのうやく

細菌やウイルスなどの微生物の働きを利用して害虫を防除する方法をいう。 BHCやドリン系農薬を使う化学的防除のように昆虫の耐性を強めることもなく,また人体や家畜への副作用もほとんどない。二化めい虫やアメリカシロヒトリにきく卒倒菌,家ばえの蛆を殺す松枯葉ウイルスなどがその代表。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の微生物農薬の言及

【生物農薬】より

…天敵昆虫を直接利用して害虫防除に成功した例として,イセリヤカイガラムシの天敵であるベダリヤテントウや,リンゴやナシの重要害虫であるクワコナカイガラムシの天敵クワコナカイガラヤドリバチなどの利用があげられるが,農薬のような形で利用されたものは必ずしも多くない。しかし昆虫の病原菌や病原ウイルスを利用したいわゆる微生物農薬はかなりの成功をおさめ,実用化されたものも少なくない。例えば鱗翅(りんし)目昆虫などの病原細菌であるBacillus thuringiensisの胞子製剤は生物農薬として実用化されている。…

※「微生物農薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

微生物農薬の関連キーワードハザード(危害要因)生物的防除生物農薬卒倒病

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微生物農薬の関連情報