コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳富太多七 とくとみ ただしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳富太多七 とくとみ-ただしち

1739*-1818 江戸時代中期-後期の開拓者。
元文(げんぶん)3年12月29日生まれ。肥後熊本藩主細川重賢(しげかた)にとりたてられて郡横目(よこめ),ついで惣庄屋となる。植林や津奈木(つなぎ)川の治水事業などに尽力。晩年は郷里水俣(みなまた)の屋敷内に私塾水俣書堂をひらいた。徳富蘇峰(そほう)・徳冨蘆花兄弟の祖にあたる。文化15年4月10日死去。81歳。名は久貞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳富太多七 (とくとみただしち)

生年月日:1739年12月29日
江戸時代中期;後期の開拓家
1818年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

徳富太多七の関連キーワード生年月日後期

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android