コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳富太多七 とくとみ ただしち

1件 の用語解説(徳富太多七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳富太多七 とくとみ-ただしち

1739*-1818 江戸時代中期-後期の開拓者。
元文(げんぶん)3年12月29日生まれ。肥後熊本藩主細川重賢(しげかた)にとりたてられて郡横目(よこめ),ついで惣庄屋となる。植林や津奈木(つなぎ)川の治水事業などに尽力。晩年は郷里水俣(みなまた)の屋敷内に私塾水俣書堂をひらいた。徳富蘇峰(そほう)・徳冨蘆花兄弟の祖にあたる。文化15年4月10日死去。81歳。名は久貞。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳富太多七の関連キーワード霊空常山紀談木目込人形農書(農業に関する書物)梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone