コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植林 ショクリン

デジタル大辞泉の解説

しょく‐りん【植林】

[名](スル)山や野に苗木を植えて林に育てること。「杉を植林する」 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

植林【しょくりん】

造林

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

林業関連用語の解説

植林

山林とするために、伐採跡地山林でなかった土地へ、苗木を植えたり、種子をまいたり、さし木する作業をいう。植林の地ごしらえ、苗木運搬など一連の作業をすべて含めた。

出典 農林水産省林業関連用語について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくりん【植林】

苗木を植えて林を育てること。一般には造林とほぼ同じ意味で使われることもあるが,専門的には,造林は人工造林天然更新に分けられており,植林は人工造林の意味で用いるべきである。樹木を植えることを植樹というが,人工造林のうちで最も広く行われている方法に植樹造林がある。これは本来は苗木を植える造林法であるが,植林はこの植樹造林が縮められたものと考えるのが語感に最もふさわしい。造林【浅川 澄彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくりん【植林】

( 名 ) スル
山野に有用な樹木の苗木を植えて林に仕立てること。 [季] 春。 「 -事業」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植林
しょくりん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の植林の言及

【造林】より

…実際の造林にあたっては,状況によって両者を適宜に組み合わせることが可能であり,また必要でもある。 人工造林には,造林予定地に種子を直接まきつける直まき造林(または播種(はしゆ)造林,人工下種),苗木を植えこむ植樹造林(植林または人工植栽,植付造林),挿穂を造林予定地に直接さしつける直挿(じかざし)造林などがあるが,もっとも普通に行われるのは植樹造林である。特殊な方法として,幹の下部からでている枝を押し下げて土をかけ根をださせる伏条(ヒバ,スギなど),キリで用いられる分根,タケの地下茎造林などがあり,直挿造林と併せて分殖造林とよばれることもある。…

※「植林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

植林の関連キーワード植林木ペーパーチェックリスト付箋紙植林木ペーパーインデックス付箋紙植林木ペーパー4コマ付箋紙植林木ペーパーノート造林・保育の請負大橋利左衛門野呂理左衛門野呂武左衛門後藤伊左衛門野中金右衛門カトマンドゥ守屋 富太郎あすはちゃん東条 定太郎満島惣左衛門守屋富太郎竜池藤兵衛ミリセント山元荘兵衛栗田定之丞

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植林の関連情報