コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳山ダム

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徳山ダム

独立行政法人水資源機構が建設し、2008年5月に運用が始まった。1957年に電源開発を目的に計画が示されてから52年目に完成した。建設に伴い、旧徳山村の466世帯約1500人が移転。87年、旧徳山村は廃止され、旧藤橋村に併合。その後、揖斐川町に合併。ダムの総貯水容量は6億6千万トン。洪水調節と河川環境の維持、利水(水道水工業用水)、発電が目的で、総事業費は3327億6千万円。国と岐阜、愛知、三重の3県、名古屋市、中部電力が負担。利水のための施設はまだ造られていない。

(2014-06-18 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

徳山ダム【とくやまダム】

岐阜県揖斐川町,揖斐川上流に建設された多目的ロックフィルダム。1971年事業着手,2008年完成。堤高161m,堤長427m。ダム湖の〈徳山湖〉の総貯水量は6億6000万m3で,それまで日本一だった奥只見ダムをしのぎ日本最大の容量を誇る。
→関連項目揖斐川[町]豊田利幸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の徳山ダムの言及

【揖斐川】より

…扇状地帯では粕川,藪川,三角州地帯で牧田川,津屋川,大江川などの支流を合流し,千本松原から長良川と背割堤を隔てて流れた後に合流する。上流山地は発電に利用されて横山ダム(1964完成)などのダム湖となり,徳山ダム(湛水面積は日本一の13km2)の建設(2002年竣工予定)が進められている。中流の揖斐峡付近は国定公園に指定されている。…

【徳山】より

…農業は自給的で,林業が盛ん。現在,揖斐川に徳山ダム(2002年竣工予定)が建設されている。【上田 雅子】。…

※「徳山ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徳山ダムの関連キーワード木曽川水系連絡導水路事業木曽川水系連絡導水路旧徳山村民の集団移転徳山ダムの導水路事業岐阜県揖斐郡揖斐川町徳山(岐阜県)揖斐川(町)岐阜(県)藤橋〈村〉両白山地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳山ダムの関連情報