揖斐川町(読み)いびがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揖斐川〔町〕
いびがわ

岐阜県南西部,揖斐川とその支流沿いに広がる町。伊吹山地の東,両白山地の南に位置し,北で福井県,西で滋賀県と接する。 1955年揖斐町と大和村,北方村,清水村,小島村の4村が合体して町制。 1956年養基村の一部を編入。 2005年谷汲村,春日村,久瀬村,藤橋村,坂内村の5村と合体。中心集落は揖斐川とその支流粕川の谷口集落で城下町として発展。揖斐米は酒米,すし米として珍重され,そのほか茶,シイタケなどを産する。米菓子を生産する食品工場がある。揖斐川のアユは特産。山間部にはキャンプ場やスキー場が点在。揖斐川には横山ダム,久瀬ダムがある。町域の一部は揖斐関ヶ原養老国定公園揖斐県立自然公園伊吹県立自然公園に属し,峡谷美,ホタル狩り,アユ釣り,サクラの名所など観光資源が豊富。南東部を近畿日本鉄道養老線,北東部を樽見鉄道が通る。また北西部と南東部では国道 303号線から 417号線が分岐する。面積 803.44km2(境界未定)。人口 2万1503(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揖斐川町の関連情報