コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揖斐川 いびがわ

7件 の用語解説(揖斐川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揖斐川
いびがわ

岐阜県の西部を流れる川。全長 114km。両白山地南部の岐阜・福井県境の高倉峠付近に源を発し,粕川,根尾川,牧田川などの支流を合せて伊勢湾に注ぐ。両白山地では峡谷をなして流れ,揖斐峡などの景勝地をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いび‐がわ〔‐がは〕【揖斐川】

福井・岐阜県境の冠山(かんむりやま)付近に源を発して岐阜県西部を南流し、下流で長良川と並んで伊勢湾に注ぐ川。長さ121キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

揖斐川【いびがわ】

岐阜県西境に発し,伊勢湾に注ぐ川。長さ121km,流域面積1840km2。揖斐川町付近で濃尾平野に出,根尾川,牧田川を合わせ,河口付近で長良(ながら)川に合流。
→関連項目池田[町]揖斐川[町]大垣[市]海津[町]木曾川神戸[町]真正[町]墨俣[町]徳山ダム長島一揆南濃[町]濃尾大橋平田[町]穂積[町]瑞穂[市]養老[町]輪之内[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いびがわ【揖斐川】

岐阜県の西部を南流して伊勢湾に注ぐ川。幹川流路延長121km,全流域面積1840km2。福井県境の冠山(1267m)に発して峡谷となって流下し,揖斐川町濃尾平野に出る。平野では緩やか扇状地を展開し,東海道本線鉄橋付近より下流で低湿な三角州地帯を形成する。扇状地帯では粕川,藪川,三角州地帯で牧田川,津屋川,大江川などの支流を合流し,千本松原から長良川と背割堤を隔てて流れた後に合流する。上流山地は発電に利用されて横山ダム(1964完成)などのダム湖となり,徳山ダム(湛水面積日本一の13km2)の建設(2002年竣工予定)が進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いびがわ【揖斐川】

岐阜・福井両県境の山地に源を発し、岐阜県西部をほぼ南流して伊勢湾に注ぐ川。長さ114キロメートル。下流は輪中わじゆう地域。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕揖斐川(いびがわ)


岐阜県南西部から三重県北東部を流れる川。両白(りょうはく)山地南西部の高倉(こうくら)峠に源を発し、南流して濃尾(のうび)平野西部を南流、三重県桑名(くわな)市で長良(ながら)川を合わせて伊勢(いせ)湾に注ぐ。1級河川(木曽(きそ)川水系)。延長121km。下流の濃尾平野は輪中(わじゅう)が発達する低湿地で、洪水の常襲地帯。上流に多目的ダムの横山(こやま)ダムが1964年(昭和39)に完成。10km上流に総貯水容量6億6000万m3の日本最大規模の多目的ダムの徳山(とくやま)ダムが計画され、徳山村廃村問題や水需要予測適否などをめぐって賛否が錯綜し議論を呼んだが、2008年(平成20)に完成した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揖斐川
いびがわ

中部地方、木曽(きそ)川、長良(ながら)川とともに、下流に濃尾(のうび)平野をつくる、いわゆる木曽三川の一つ。延長121キロメートル、流域面積1840平方キロメートル。岐阜県揖斐郡揖斐川町の徳山谷に源を発し、年降水量3000ミリメートル以上の越美(えつみ)山地に深い峡谷をうがって流れ、揖斐峡をなし、濃尾平野に出る。さらに、支流の粕(かす)川、根尾(ねお)川(藪(やぶ)川)、牧田川などをあわせながら、西濃の最低部を南流し、河口で長良川と合流、桑名市の東を過ぎて、伊勢(いせ)湾に注ぐ。揖斐川は、濃尾平野の北西部では、粕川、根尾川などと扇状地をつくり、古くから稲作農業の発達をみた。その下流では自然堤防、三角州を発達させているが、長い間低湿かつ水害の危険性の絶えない輪中(わじゅう)地域であった。1755年(宝暦5)以後とくに明治中期から木曽、長良との三川分流、河川改修、土地改良などの事業により、災害の克服が図られ、輪中は大きく変貌(へんぼう)している。一方、上流では発電利用だけでなく、洪水調節などの多目的利用を目的とした横山ダム(揖斐川町)が1964年(昭和39)に、さらに上流でも2008年(平成20)大規模な徳山ダムが完成した。なお、揖斐峡付近は揖斐関ヶ原養老国定公園の一部。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の揖斐川の言及

【美濃国】より

…これらの荘園の分布は,武芸郡の揖深(いぶか)荘,武義荘,上有智(こうずち)荘など7ヵ所,賀茂郡の蜂屋本荘,河辺荘など5ヵ所,恵那郡の遠山荘,郡上郡の気良(けら)荘など,東部および北部の山間部に集中し,南西部のひらけた平野部に位置するものは,わずか1~2ヵ所にすぎないという特徴をしめしている。この特徴は,揖斐川,長良川,津保川,飛驒川,可児(かに)川などの河川によってきりこまれた東部,北部の谷間に,新たな中世開発の道をえらんだ中世武士団美濃源氏と摂関家との結びつきより,これら美濃摂関家領が成立したことを物語っている。寺領荘園としては,東大寺領大井荘,茜部荘をはじめ,延暦寺領平野荘,小島(おじま)荘など,醍醐寺領帷(かたびら)荘,船木荘などがあり,社領荘園としては,伊勢神宮領中河御厨(みくりや)などのほか石清水領泉江荘,賀茂社領梅原荘などがあった。…

※「揖斐川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

揖斐川の関連キーワード赤平川夷隅川磐井川宇陀川王滝川烏川ダモダル川道志川長良川レナ川

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

揖斐川の関連情報