コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川斉彊 とくがわ なりかつ

2件 の用語解説(徳川斉彊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳川斉彊

江戸後期の紀伊和歌山藩主。家斉の子。幼名は恒之丞。斉順の養子となり、十二代藩主となる。従二位・大納言に至る。嘉永2年(1849)歿、30才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川斉彊 とくがわ-なりかつ

1820-1849 江戸時代後期の大名。
文政3年4月28日生まれ。将軍徳川家斉(いえなり)の21男。文政10年三卿(さんきょう)のひとつ清水家の5代となる。徳川斉順(なりゆき)の養子となり,弘化(こうか)3年紀伊(きい)和歌山藩主徳川家12代。嘉永(かえい)2年3月1日死去。30歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳川斉彊の関連キーワード青木一興池田斉訓石川総佐板倉勝貞稲葉正盛井上正盧浦上春圃大久保忠美谷衛弥松平信圭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone