コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川斉順 とくがわ なりゆき

美術人名辞典の解説

徳川斉順

江戸後期の清水家十一代。家斉の七男。幼名は菊千代。藩政が前藩主治宝と二極分化する中、豪奢な生活を送る。『紀伊名所図絵』後編の編纂を命じた。弘化3年(1846)歿、46才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川斉順 とくがわ-なりゆき

1801-1846 江戸時代後期の大名。
享和元年9月9日生まれ。将軍徳川家斉(いえなり)の子。文化7年三卿(さんきょう)のひとつ清水家の3代となる。のち徳川治宝(はるとみ)の婿養子となり,文政7年紀伊(きい)和歌山藩主徳川家11代。弘化(こうか)3年閏(うるう)5月8日死去。46歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳川斉順の関連キーワード旧芝離宮庭園三千堂桃主徳川斉彊本居内遠清水斉順徳川家茂おみさ豊姫

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android