コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳用・得用 とくよう

1件 の用語解説(徳用・得用の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

とくよう【徳用・得用】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
値段の安い割に量が多くて役に立つ・こと(さま)。割安。多く「お徳用」の形で用いる。 「 -マッチ」 「お-な品です」
利得。得分。 「是れを手代の-にして/浮世草子・新永代蔵」
有得で応用の才能のあること。 「汝は坐道場の-を備へたり/盛衰記 1
功徳の力。 「此経の-にて/謡曲・海士」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone