コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳用/得用 トクヨウ

デジタル大辞泉の解説

とく‐よう【徳用/得用】

[名・形動]
値段のわりに利益のあること。安くて得なこと。また、そのさま。「―な(の)洗剤」「―品」
徳があり、応用の才を備えていること。
「汝は坐道場の―を備へたり」〈盛衰記・一〉
功徳(くどく)の力。とくゆう。
「今この経の―にて…竜女成仏」〈謡・海人
もうけ。利益。
「一年に二千両づつ―がある」〈松翁道話・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

徳用/得用の関連キーワード雪印 毎日の食卓応援 お徳用スライスチーズ德・瀆・匿・得・徳・特・督・禿・篤雪印 ファミリア チーズエコノミークラスかっぱえびせんシーズケースチョコベビーエコノミカル食糧管理制度徳用・得用竜女成仏大蔵永常鈴木正三マーブル修身書マッチ徳用米アポロ仲間事米価

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android