心を起こす(読み)ココロヲオコス

デジタル大辞泉の解説

心(こころ)を起こ・す

心を励ます。発奮する。
「いといみじく心苦しければ、―・して祈り聞こゆ」〈・若菜下〉
求道の心を起こす。発心(ほっしん)する。
「―・して、やがて頭(かしら)おろして」〈今鏡・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころをおこす【心を起こす】

心を奮い立たせる。元気を出す。 「 - ・して御湯などをも御覧じ入るるつまとやなる/寝覚 5
信仰心を起こす。発心ほつしんする。 「 - ・してたしかに一部を書写し畢おわりて/今昔 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android