コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求道 キュウドウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐どう〔キウダウ〕【求道】

真理や宗教的な悟りめて修行すること。→求道(ぐどう)

ぐ‐どう〔‐ダウ〕【求道】

仏語。仏の教えを求めること。求法(ぐほう)。
真理を求めること。きゅうどう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうどう【求道】

宗教的悟りや真理の道を求めて修行すること。 「 -心」 「 -者」 → ぐどう(求道)

ぐどう【求道】

〘仏〙 仏の教えを求めて修行すること。悟りを求めること。きゅうどう。
真理を追求すること。きゅうどう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

求道の関連キーワードラーゲルクビスト出家とその弟子ジェファーズ心を起こすタリバーン近角 常観ペルシウス亀谷 凌雲玉城康四郎土屋東雲斎自利・利他阿び跋致川端茅舎八木義徳加藤泰理西田天香武田友寿斎藤時頼徳冨蘆花別源円旨

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

求道の関連情報