発心(読み)ほっしん

デジタル大辞泉の解説

ほっ‐しん【発心】

[名](スル)
仏語。悟りを得ようとする心を起こすこと。菩提心(ぼだいしん)を起こすこと。仏門に入ること。発菩提心。発起。発意。
物事を始めようと思い立つこと。「発心して勉学に励む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほっしん【発心】

( 名 ) スル
〘仏〙 菩提心を起こすこと。仏となり最高の悟りに達しようと決心すること。また、出家や遁世とんせいをすること。発意。発起。発菩提心。
思い立つこと。決心すること。発起。 「 -して仕事に励む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発心
ほっしん

(1)発菩提心(ほつぼだいしん)の略。仏陀(ぶっだ)の悟り(菩提)を得ようとする心をおこすこと。求道(ぐどう)の念をおこすこと。仏道修行の開始は、この発心にあるといわれ、その第一歩を踏み出す心意気をいう。(2)仏門に入ること。出家戒を受け、出家者として新たな生活を始める出家得度(とくど)をすることの意。出家したての者を、新発意(しんぼっち)とよぶ。[坂部 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発心の関連情報