心緩し(読み)こころぬるし

  • こころ
  • 緩(ぬる)し

精選版 日本国語大辞典の解説

① 心がのんびりしている。性質がおっとりしている。気が長い。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「急なる人は久しく常ならず、心ぬるくなだらかなる人は、長きためしなむ多かりける」
② 心が鈍い。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「宮をば、今すこしの宿世(すくせ)及ばましかば、わが物にても見奉りてまし、心のいとぬるきぞくやしきや」
③ 心が弱い。
※浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)三「恋したふは人間のならひ、いはんや仏法にしみ付心ぬるき公家武家」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android