仏法(読み)フツホウ

大辞林 第三版の解説

ふつほう【仏法】

フランスの法律。また、フランスの法体系を対象とする学問。

ぶっぽう【仏法】

仏の説いた教え。仏の悟った真理。仏道。仏教。 ⇔ 王法おうぼう世法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふつ‐ほう ‥ハフ【仏法】

〘名〙 フランスの法律、およびその形式。また、それを研究する学問。
※法窓夜話(1916)〈穂積陳重〉九七「仏法に明治法律学校、和仏法律学校あり」

ぶっ‐ぽう ‥ポフ【仏法】

〘名〙
① 仏の説いた教え。また、仏が衆生を教え導く教法。⇔世法
※続日本紀‐天平宝字七年(763)五月戊申「仏法東流、至於本国、雖其教、無人伝授
※蓮如上人御一代記聞書(16C後)「仏法は内心に深く蓄よとの仰に候」 〔晉書‐孝武帝紀〕
② 「ぶっぽうそう(仏法僧)②」の略。
※雑俳・柳多留‐一二四(1833)「仏法と慈悲は両部の山に住」
③ 米粒、または米の異称。
男重宝記(元祿六年)(1693)五「よろづの病をいやす事にて米を仏法(ブッハウ)といふと也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の仏法の言及

【法】より

…しかし仏教用語としての法は,もっとも重要な,また複雑な意味をもち,それらを列挙することははなはだ困難であるが,(1)釈尊の教え,(2)教えの内容である真理,(3)ものの本質・特性から転じて構成要素,の三つの意味に大別しうる。仏法(ぶつぽう)という場合の法は(1)の意味であり,それはそのまま(2)を意味している。仏教において独特に用いられたのが(3)の意味である。…

※「仏法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏法の関連情報