心臓の肥大と拡大(読み)しんぞうのひだいとかくだい

家庭医学館の解説

 心臓が大きくなることを拡大といいます。一方、心臓の重さが通常より重くなることを肥大といいます。肥大には求心性(きゅうしんせい)肥大と遠心性(えんしんせい)肥大とがあります。
 求心性肥大とは、心内腔(しんないくう)が大きくならずに心臓のが厚くなることにより、心臓重量の増大がおこった状態です。
 遠心性肥大とは、心内腔が大きくなり、かつ心臓重量が増大した状態です。
 したがって、心肥大イコール心拡大ではありません。心臓が大きいことは心肥大とはいわずに、心拡大と呼ぶほうがよいでしょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android