心魂・神魂(読み)しんこん

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐こん【心魂・神魂】

〘名〙 心と魂。精神。こころ。たましい。
※性霊集‐三(835頃)勅賜屏風書了即献表「一悚一懼、心魂飛越」
※謡曲・清経(1430頃)「八幡のご託宣あらたに、心魂に残ることわり、まこと正直の頭(こおべ)に宿り給ふかと」
※ストマイつんぼ(1956)〈大原富枝〉「心魂を傾けてこのスバラシイ発明にたどりついた」 〔徐照‐自君之出矣三首詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android