コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原富枝 おおはらとみえ

6件 の用語解説(大原富枝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大原富枝
おおはらとみえ

[生]1912.9.28. 高知,吉野
[没]2000.1.27. 東京,中野
作家。高知女子師範学校在学中に結核に罹患して中退し,10年近い療養生活のなかで小説を書き始めた。1938年に『祝出征』が芥川賞候補になり,1941年に上京。『ストマイつんぼ』(1956)で女流文学者賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおはら‐とみえ〔おほはら‐〕【大原富枝】

[1912~2000]小説家。高知の生まれ。結核による闘病生活のなかで作品を発表し、「ストマイつんぼ」で女流文学賞受賞。「婉という女」で毎日出版文化賞・野間文芸賞受賞。他に「イェルザレムの夜」「地上を旅する者」など。平成10年(1998)芸術院恩賜賞受賞。芸術院会員

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大原富枝【おおはらとみえ】

小説家。高知県生れ。高知女子師範中退。結核との長い闘病生活の間に作品を発表していたが,戦後結核が再発し,1957年,その経験をもとに書いた《ストマイつんぼ》で女流文学者賞を受賞,文壇での地位を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原富枝 おおはら-とみえ

1912-2000 昭和-平成時代の小説家。
大正元年9月28日生まれ。ながく結核とたたかいながら創作をつづけ,昭和13年「祝出征」が注目される。32年「ストマイつんぼ」で女流文学者賞,35年野中兼山の娘をえがいた「婉という女」で毎日出版文化賞,野間文芸賞。51年カトリックに入信。平成10年芸術院恩賜賞。平成12年1月27日死去。87歳。高知県出身。高知女子師範中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おおはらとみえ【大原富枝】

1912~2000) 小説家。高知県生まれ。高知女子師範学校中退。野中兼山の娘として幽閉生活を強いられた女性の半生を「婉という女」で描く。著「於雪」「地籟」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大原富枝
おおはらとみえ
(1912―2000)

小説家。高知県生まれ。高知女子師範学校中退。1941年(昭和16)上京して『文芸首都』の同人となり、『若い渓間』(1943)が『改造』の懸賞小説に当選したが、戦争と病気で文壇進出を阻まれた。結核による長い闘病の体験は『ストマイつんぼ』(1956)に結実した。また社会から隔離されて生きる者の苦しみは、40年の幽獄生活を耐えた野中婉(えん)の生涯への共感となり、『婉という女』(1960。毎日出版文化賞・野間文芸賞)を生んだ。『正妻』(1961)、『於雪(おゆき)――土佐一条家の崩壊』(1970)などは、同郷の土佐の女をモデルにした作品。1976年にはカトリックの洗礼を受け、聖地巡礼の旅をもとに紀行小説『イェルザレムの夜』(1980)を、イエスの方舟(はこぶね)事件を題材に『アブラハムの幕舎(ばくしゃ)』(1981)を書き、宗教的思索を深めた。初期作品以来のモチーフである、負の人生を生きた女の生涯へのこだわりは一貫しており、ハンセン病と闘いながら凄絶な歌を残した歌人を『忍びてゆかな――小説津田治子』(1982)に、純粋であるがゆえに苛酷(かこく)な運命を強いられる明治生まれの庶民の女を『地上を旅する者』(1983)に重厚な筆致で描いた。若いころから好きな短歌の分野では、アララギ派の女性歌人2人を伝記小説『今日ある命――小説・歌人三ヶ島葭子(みかじまよしこ)の生涯』(1994)と『原阿佐緒(あさお)』(1996)にまとめ、『詩歌(うた)と出会う時』(1997)で近代歌人と俳人24人を論じた。ほかに自伝小説『眠る女』(1974)、『地籟(ちらい)』(1984)、『ハガルの荒野』(1986)、『彼もまた神の愛(め)でし子か――洲之内(すのうち)徹の生涯』(1989)、『草を褥(しとね)に――小説牧野富太郎』(2001)などがある。1991年(平成3)高知県本山町に大原富枝文学館開館。1998年日本芸術院賞恩賜賞受賞。芸術院会員。[江刺昭子]
『『彼もまた神の愛でし子か――洲之内徹の生涯』(1989・講談社) ▽『今日ある命――小説・歌人三ケ島葭子の生涯』(1994・講談社) ▽『原阿佐緒』(1996・講談社) ▽『詩歌(うた)と出会う時』(1997・角川書店) ▽『草を褥に――小説牧野富太郎』(2001・小学館) ▽『大原富枝全集』全8巻(1995~96・小沢書店) ▽『婉という女・正妻』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大原富枝の関連キーワード戸川幸夫重兼芳子杉森久英三田誠広石和鷹中山あい子峰隆一郎三宅艶子横関大今村夏子

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大原富枝の関連情報