コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌(み)明け イミアケ

デジタル大辞泉の解説

いみ‐あけ【忌(み)明け】

喪の期間が終わること。きあけ。いみあき。
産後の忌みが終わること。いみあき。

き‐あけ【忌明け】

いみあけ」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

葬儀辞典の解説

忌明け

故人が亡くなってから四十九日間を中陰または中有といい、この間七日ごとに法要を営み、四十九日目をもって忌明けとします。近年では五七日忌(三十五日)に繰り上げた忌明けもあります。神式葬儀では、五十日祭の翌日に行われる清祓いの儀をもって忌明けとします。

出典|葬儀ベストネット葬儀辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きあけ【忌明け】

服喪の期間が終わること。いみあけ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の忌(み)明けの言及

【七夜】より

…現在も生児の命名は七夜までに行われている。またヒトウブヤ,オヤノイワイ,枕下げなどといって,産婦の忌明けの祝を主としているところも多い。産婦の忌の晴れていく最初の段階であって,父親の忌は一般にこの日で明けるとされている。…

※「忌(み)明け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone