故人(読み)コジン

デジタル大辞泉の解説

こ‐じん【故人】

死んだ人。「故人を弔う」「故人となる」
古くからの友人。昔の友達。旧友。
「懐かしくなった―を訪(と)うように」〈鴎外・妄想〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじん【故人】

亡くなった人。 「 -をしのぶ」
古くからの知り合い。旧友。旧知。 「二千里の外の-の心/和漢朗詠
文章生もんじようしようの中で、経験を積んだ老大家。 「諸道博士・-・得業生/江家次第」
古老。〔節用集 易林本〕 〔が原義。の意で用いるようになったのは江戸期以降か。「浮世床」(1813~23年)にある〕
[句項目] 故人となる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

故人の関連情報