故人(読み)こじん

精選版 日本国語大辞典「故人」の解説

こ‐じん【故人】

〘名〙
① 昔の友人。古くからの友だち。古いなじみ。昔親しくつきあっていた人。旧知。旧友
※凌雲集(814)餞右親衛少将軍朝嘉通奉使慰撫関東探得臣〈嵯峨天皇〉「郷心杳々切帰想、客路悠々稀故人
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「水口(みなくち)にて二十年を経て故人に逢ふ」 〔礼記‐檀弓下〕
② 死亡した人。物故した人。今は亡くなっている人。古人
※万葉(8C後)三・四三八・題詞「神亀五年戊辰大宰帥大伴卿思恋故人歌三首」
※源平盛衰記(14C前)一六「此の身旧宅に住して、名字既に故人(コジン)に通ひ、勅命を蒙むる事生前の面目に侍り」 〔謝朓‐和王主簿季哲怨情詩〕
③ 文章生(もんじょうしょう)の中で学識経験のゆたかな老大家。耆宿(きしゅく)
※菅家文草(900頃)六・九日後朝、侍朱雀院、同賦閑居楽秋水「聞昔瀟湘逢故人、在今楽水詎為新」
※易林本節用集(1597)「故人 コジン 古老人 古人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「故人」の解説

こ‐じん【故人】

死んだ人。「故人を弔う」「故人となる」
古くからの友人。昔の友達。旧友。
「懐かしくなった―を訪(と)うように」〈鴎外・妄想〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android