コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌言葉 いみことば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忌言葉
いみことば

普通の言葉を使用することをんで代りに用いる特定の言葉。一般にある特定の集団,時,ところなどで用いられる。古くから行われ,『延喜式 (えんぎしき) 』神祇巻には伊勢斎宮の忌言葉が載っている。内七言として仏教関係の用語を忌み,仏を中子,経を染紙,塔を阿良良岐,僧を髪長とし,外七言として死をナホル,病をヤスミ,血をアセ,墓をツチクレなどと神事に使う忌言葉をあげてある。特殊の職業者が使うものとしては,マタギなどの猟師が用いる山言葉や,漁師の沖言葉がある。死に関する忌言葉は古来さまざまあり,亡くなる,隠れるなども忌言葉として発生したものである。歳神を迎える正月にも正月言葉があり,寝ることを稲を積む,ねずみのことを嫁が君という。また1日のうち夜にだけ使う夜言葉というのもあって,塩を浪の花,糊をお姫様という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

忌言葉【いみことば】

ある言葉の使用をきらい,その代りに用いる語。古く斎宮忌詞・斎院忌詞などがあり,仏を中子(なかこ),経を染紙(そめがみ),僧を髪長,死ぬを奈保留(なほる),病を夜須美(やすみ),血を阿世(あせ)などといった。
→関連項目禁忌(民俗)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

忌言葉の関連キーワード忌言葉∥忌詞なぞなぞ言霊信仰

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android