コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

またぎ またぎ

6件 の用語解説(またぎの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

またぎ
またぎ

マトギ,マトウノモノ,ヤマダチ (山立) などともいう。東北地方の山間部に居住し,集団でくま,しかなど大型動物の狩りをする人々。スカリなどと呼ばれる頭目のもとに,マタギ組をつくり古式に従って狩りを行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

またぎ

東北・北越、特に秋田地方の山間に住む猟師の一団。狩猟中は山言葉を使い、頭目の指揮下に古来の伝統を守って生活する。まとぎ。やまだち。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

またぎ

東北地方などで狩猟を生業とする人をいう。世襲をたてまえとする頭目の下に15〜20名の男子で集団猟を行う。山の神への儀礼,狩猟期のきびしい禁忌,獲物の分配法等に特異な古俗を残し,祖先が山の神を助けたことにより,国内どこでも狩をすることを許されたという伝承を保持していた。
→関連項目山言葉猟師

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

またぎ

青森,岩手,秋田,宮城,新潟などの山中で,古い猟法を守って狩りを行う人々を指して呼ぶ語。,又鬼などの文字をあてることもあり,アイヌ語で狩猟者をマタンギトノというので,これから転じた語という説もあるが,名称の伝播は逆に日本語から移ったものらしい。東北地方では特定の業に従う人であるが,アイヌでは狩猟は一般人の生業であったからである。語源が不明なため上記のほかにいくつかの説がある。山をまたいで歩くからとか,山中を他領に越境して猟をするので,他地住民にとがめられた場合にマダ(繊維を生ずる樹皮)をはぎにきたといつわったので,〈マダハギ〉からマダギとなったとするもの,また,四国南部で狩することを意味するマトギからきたとするものなどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

またぎ

東北地方などの山間部に住む、古い猟法を守って狩りを行う狩猟者。まとぎ。山立やまだち。マタギ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

またぎ
またぎ

クマ、カモシカなど大形山獣の集団猟を業としてきた東北山村の狩人(かりゅうど)の称。おおむね山奥に独自の集落生活を営み、農耕、山稼ぎにも従事したが、冬から春にかけては深山に分け入り、仮泊の生活を続けながら狩猟に専念してきた。スカリとよぶ頭目(指揮者)のもとに数名の猟仲間(マタギ組)がつくられていて、各自伝統の手法で集団猟に従事するが、「巻き山」(巻き狩り)と「穴捕り」(クマ)が主で、前者は谷を巡って山獣を追い出し、尾根筋でしとめる猟法、後者は春先「穴ごもり」のクマを目ざす特異な猟法である。マタギへの鉄砲の導入は古く、古式の銃丸の製法なども踏襲されてきたが、一方、古風な手槍(てやり)(ヤリ、タテ)なども併用された。しかし弓矢猟の古い形はほとんど残っていない。深雪の山間行動に耐えるため、マタギの狩り支度には特異なくふうが加えられ、毛衣や足ごしらえ、あるいは「長柄」という雪中徒渉の雪べらなど、注目すべきものが多い。マタギ猟には山の神信仰に根ざす禁忌伝承が多く、「山入り」には厳しい「浄(きよ)め」の作法があり、山中生活では「山ことば」という特異の忌みことば(水=ワッカ、米飯=クサノミなど)を用いた。獲物の解体処理にも「毛祭り、毛ボガイ」など特異な儀礼があり、また獲物の配分方式にもいろいろな「得分(とくぶん)」の決まりがあった(致命弾の射手の特殊配分などについてである)。「マタギ組」には「山立根本巻(やまだちこんぽんのまき)」という伝書が多く伝えられていて、「スカリ」はそれを保存し、古くは山中生活にも携えて行く例であった。その内容はマタギ猟の由来を示し、その職祖が山の神の恩寵(おんちょう)により深山における狩猟かせぎの特権を得たというもの。日光派、高野(こうや)派の2種があるが、いずれも山の神のつかさどる深山幽谷に自在の狩猟を行い、殺生を事とすることを山の神から特免されたという「職の由緒」を示すところで、それがのちに修験(しゅげん)の徒の関与で修飾された態のものである。「無主の地」における自在の狩猟を保証するには、山の神信仰にちなむこうした職祖伝承で久しく事足りたのである。[竹内利美]
『後藤俊夫著『マタギ』(1982・秋田書房) ▽太田雄治著『マタギ――消えゆく山人の記録』(1979・翠楊社〈パンセ〉)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のまたぎの言及

【阿仁】より

…その行動範囲は秋田県内から新潟県,長野県などに及び,明治時代には岐阜県,奈良県にも行ったことがある。阿仁マタギは奥羽山地のまたぎの一派で,いわゆる〈狩の巻物〉および特有の狩猟に関する儀礼・信仰・服装および言語(山言葉という。忌言葉の一種)を伝承し,また組織的狩猟法をもつ。…

【熊祭】より

…熊の生息する北方ユーラシア,北アメリカ北部の森林地帯の狩猟民が熊を殺すときには,(1)熊の殺害,(2)肉の消費,(3)霊の送り(=甦り(よみがえり))という3場面で構成され,各場面が各種の呪言・禁忌を伴う一連の儀礼よりなる祭事を行っていた。所によってはいずれかの場面がとくに強調されることもあるが,このような〈熊の殺害をめぐる儀礼複合〉を総称して〈熊祭〉と呼ぶ(祭り的色彩の強いアイヌ,ニブヒ,ツングース,オビ・ウゴル,ラップの事例を熊祭と呼び,そのほかは熊崇拝=儀礼として区別する立場もある)。…

【磐司磐三郎】より

…狩猟伝承にみられる狩人の名。この名をもつ2人,または磐司が姓という1人の狩人がまたぎの祖先であるという。磐次磐三郎とも書き万治(次)万三郎ともいう。…

【富士の巻狩】より

…頼朝の喜悦を,頼朝の親ばかと見るか,それともその深い政治的配慮のあらわれと見るかは別にして,武家政権を確立した頼朝が,その政権の行末について2代目頼家に対し,心配となにがしかの憂慮を抱いていたことは確かであろうし,その意味でこの巻狩は頼朝がなしうる最後の仕上げの行事にほかならなかった。なお〈またぎ〉などの狩猟民が自分の特権を示す証拠として保持する書類の中には,この富士の巻狩への参加が書き加えられていることが少なくないという。頼朝自身の意図にはなかったことではあるが,結果的には狩猟民にとってもこの巻狩は重要な意味をもったのであった。…

【三面】より

…主要な生業は狩猟,河川漁業,山菜採取などだが,水田も比較的多くそれに山畑を耕して自給生活を営んできたようである。狩猟は主としてアオ(カモシカ),熊を対象とし,狩人はまたぎの名で呼ばれ,秋田・新潟の狩人たちはその地をマタギの先進地として尊敬の念をもって考えていたようである。アオとりの際には長期の山小屋生活を営み,山中生活では山言葉を用いるほか種々の禁忌があって,スカリと呼ぶ厳しい指揮者の統制下に行動した。…

【由緒書】より

…また被差別部落には,〈河原巻物〉ともいわれ,その職能・特権,差別の由来を語るさまざまな由緒書が伝わっているが,そこにしばしば現れる〈延喜御門〉(醍醐天皇)は,16世紀に塩売りとして活動した坂の者(非人)の正当な文書(〈北風文書〉〈八坂神社文書〉)にも現れるので,この由緒書も単に江戸時代に捏造(ねつぞう)されたものではなく,戦国時代のなんらかの事実・伝統を背景にしているのである。このほか,近江保内(ほない)商人の後白河天皇の偽綸旨(りんじ)とつながる由緒書をはじめ,職人の伝える偽文書には由緒書が結びついていたものと思われるが,これらのうち,またぎの〈山立根元巻〉が源頼朝にその特権の起源を結びつけているように,東国の職人には頼朝や徳川家康にみずからをつなげているものが多い。そして職人の由緒書は偽文書とともに,中世後期以降,江戸時代の社会ではそれとして認められ,実効をもったことも見逃してはなるまい。…

【猟師】より

…その理由は主として女性の生理から説明され,山の神・海の神が女性とされているため,神が女性を嫉妬し忌むのだとされるが,正確にはまだ十分解明されていない。狩猟またぎ【千葉 徳爾】。…

※「またぎ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

またぎの関連キーワード奥羽ブリタニー青森県上北郡東北町夫雑原山中岩手県岩手郡雫石町長山中上岩手県岩手郡雫石町長山中ノ又沢岩手県岩手郡雫石町長山中村秋田県能代市上ノ山秋田県秋田市手形山中町新潟県十日町市松之山中尾新潟県上越市吉川区山中

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

またぎの関連情報