コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍海山下氏則 おしぬみのやましたの うじのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍海山下氏則 おしぬみのやましたの-うじのり

?-? 平安時代前期の官吏。
元慶(がんぎょう)8年(884)石見介(いわみのすけ)のとき,邇摩(にま)郡や那賀郡の郡司らが石見権守(ごんのかみ)の上毛野(かみつけのの)氏永を襲撃したと太政官に報告。襲撃のとき,氏永は氏則の館ににげこむが,氏則も共謀者であると勘違いして,氏則の妻に傷を負わせた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

忍海山下氏則の関連キーワード上毛野氏永

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android