襲撃(読み)しゅうげき

精選版 日本国語大辞典「襲撃」の解説

しゅう‐げき シフ‥【襲撃】

〘名〙 おそいかかること。不意にを攻撃すること。相手の不意をついてせめること。
※日本外史(1827)一三「分叡山、毎夜襲撃」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一四「不意の襲撃(シウゲキ)に狼狽(うろたへ)騒ぎて」 〔魏志‐袁紹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「襲撃」の解説

しゅう‐げき〔シフ‐〕【襲撃】

[名](スル)襲いかかること。不意をついて攻めること。「背後から襲撃する」
[類語]猛攻猛撃猛爆猛襲痛撃奇襲夜襲電撃攻撃急襲強襲突撃進撃進攻侵攻攻勢ねらい撃ち征伐せいばつ総攻撃攻略直撃迫撃挟み撃ち挟撃出撃追い撃ち追撃アタックおそ襲いかかる攻める攻めかかる攻め立てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「襲撃」の解説

【襲撃】しゆう(しふ)げき

おそいうつ。〔漢書、武帝紀〕(元光二年)大夫韓安國、~三十を將(ひき)ゐて、馬邑谷中に屯(たむろ)し、單于(ぜんう)を誘致し、之れをせんと欲す。單于塞に入り、之れを覺(さと)り、走りて出づ。

字通「襲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android