志摩観光ホテルクラシック東館

デジタル大辞泉プラスの解説

志摩観光ホテルクラシック東館

三重県志摩市にある歴史的建造物。ホテル「志摩観光ホテルクラシック」の旧本館。1937年に村野藤吾の設計により「叡山ホテル」として建造・開業した建物の一部で、戦争中には三重県鈴鹿の海軍将校倶楽部として移築され、戦後に再移築、「志摩観光ホテル」として営業を再開した。老朽化と耐震問題から現在一般利用はされていないが、建物じたいは保存されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android