村野藤吾(読み)むらのとうご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村野藤吾
むらのとうご

[生]1891.5.15. 唐津
[没]1984.11.26. 宝塚
建築家。 1918年早稲田大学卒業。大阪の渡辺節建築事務所を経て,29年に独立。以後,一つのスタイルにこだわらず,自由な造形活動を行なった。日本芸術院会員,日本建築家協会会長,イギリス王立建築学会名誉会員,アメリカ建築家協会名誉会員。文化勲章 (1967) その他多くの賞を受賞。主な作品に広島世界平和記念聖堂 (53) ,大阪新歌舞伎座 (58) ,横浜市庁舎 (59) ,京都都ホテル佳水園 (59) ,早稲田大学文学部校舎 (62) ,日本生命日比谷ビル (63) ,宝塚カトリック教会 (67) ,兵庫県立近代美術館 (70) ,日本ルーテル神学大学 (70) ,箱根プリンスホテル (78) ,新高輪プリンスホテル (82) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

村野藤吾

佐賀県唐津市生まれ。現在の北九州市で育ち、小倉工業学校を卒業後に一時、八幡製鉄所に勤めた。広島市の世界平和記念聖堂(1954年)は戦後建築として初めて国重要文化財に指定された。他に伊勢志摩サミットの主会場となった志摩観光ホテル(51年)や新高輪プリンスホテル(82年)、旧そごう大阪店(35年)、日生劇場(63年)などを手がけた。文化勲章受章。

(2017-01-09 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

むらの‐とうご【村野藤吾】

[1891~1984]建築家。佐賀の生まれ。熟達した実務派として知られ、日本生命日比谷ビルなどを設計。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

村野藤吾【むらのとうご】

建築家。佐賀県生れ。早大卒業後,渡辺節建築事務所に入り,1923年,1930年,1953年欧米に遊学,この間1929年大阪に建築事務所を開設。近代的な建築技法と伝統的素材を独自に融合させ,300を超える作品を残した。代表作に宇部市民館(1937年),世界平和記念聖堂(1953年),日本生命日比谷ビル(1963年),谷村美術館(1983年)などがある。1967年文化勲章。
→関連項目兵庫県立近代美術館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村野藤吾 むらの-とうご

1891-1984 大正-昭和時代の建築家。
明治24年5月15日生まれ。渡辺節(せつ)建築事務所にはいり,昭和4年大阪に村野建築事務所をひらく。広島の世界平和記念聖堂,東京の日生劇場などを設計。数寄屋建築にもすぐれた。30年芸術院会員,42年文化勲章。昭和59年11月26日死去。93歳。佐賀県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むらのとうご【村野藤吾】

1891‐1984(明治24‐昭和59)
建築家。佐賀県唐津市に生まれ,1918年早稲田大学建築学科を卒業。以後折衷様式建築の修練を積み,近代的な表現技法と,伝統的な建築素材のもつ濃やかな情感を体験として探り当てた。29年独立して事務所を構え,宇部市民館(1937)など戦前に早くも戦後日本建築の水準を抜く近代建築を生んだ。世界平和記念堂(1953),日本ルーテル神学大学(1970)など作品多数。数寄屋住宅の名手でもあった。【丸山 茂】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むらのとうご【村野藤吾】

1891~1984) 建築家。佐賀県生まれ。早大卒。晩年は曲線を駆使した自由な造形で知られる。代表作にそごう百貨店・宇部市民館・世界平和記念聖堂・箱根プリンスホテルなどがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村野藤吾
むらのとうご
(1891―1984)

建築家。佐賀県唐津生まれ。1918年(大正7)早稲田(わせだ)大学建築学科卒業。大阪の渡辺節(せつ)建築事務所に入り、29年(昭和4)までチーフ・デザイナーとして多くの設計を手がける。29年独立して村野建築事務所を開設。翌30年欧米に遊学。帰国後の森五ビル(1931)などの設計で注目される。主要作に大阪の十合(そごう)百貨店(1935)、宇部市民会館(1937)、世界平和記念聖堂(1953)、東京のそごう読売会館(1957)、日本生命日比谷(ひびや)ビル(1963)、千代田生命本社(1966)など。古典に近代感覚を自由に盛り込んだ作風と、熟達した実務派として高い評価を得た。55年(昭和30)芸術院会員、67年文化勲章受章。[天田起雄]
『『村野藤吾作品集』全2冊(1983、84・新建築社) ▽『村野藤吾和風建築集』(1978・新建築社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

むらの‐とうご【村野藤吾】

建築家。佐賀県出身。早稲田大学卒。日本芸術院会員。昭和四二年(一九六七)文化勲章受章。宇野市民会館、広島世界平和記念聖堂、日本生命日比谷ビルなどを設計。明治二四~昭和五〇年(一八九一‐一九七五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村野藤吾の関連情報