コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村野藤吾 むらのとうご

8件 の用語解説(村野藤吾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村野藤吾
むらのとうご

[生]1891.5.15. 唐津
[没]1984.11.26. 宝塚
建築家。 1918年早稲田大学卒業。大阪の渡辺節建築事務所を経て,29年に独立。以後,一つのスタイルにこだわらず,自由な造形活動を行なった。日本芸術院会員日本建築家協会会長,イギリス王立建築学会名誉会員,アメリカ建築家協会名誉会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

村野藤吾

佐賀県唐津市生まれ。現在の北九州市で育ち、小倉工業学校を卒業後に一時、八幡製鉄所に勤めた。広島市の世界平和記念聖堂(1954年)は戦後建築として初めて国重要文化財に指定された。他に伊勢志摩サミットの主会場となった志摩観光ホテル(51年)や新高輪プリンスホテル(82年)、旧そごう大阪店(35年)、日生劇場(63年)などを手がけた。文化勲章受章。

(2017-01-09 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらの‐とうご【村野藤吾】

[1891~1984]建築家。佐賀の生まれ。熟達した実務派として知られ、日本生命日比谷ビルなどを設計。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

村野藤吾【むらのとうご】

建築家。佐賀県生れ。早大卒業後,渡辺節建築事務所に入り,1923年,1930年,1953年欧米に遊学,この間1929年大阪に建築事務所を開設。近代的な建築技法と伝統的素材を独自に融合させ,300を超える作品を残した。
→関連項目兵庫県立近代美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村野藤吾 むらの-とうご

1891-1984 大正-昭和時代の建築家。
明治24年5月15日生まれ。渡辺節(せつ)建築事務所にはいり,昭和4年大阪に村野建築事務所をひらく。広島の世界平和記念聖堂,東京の日生劇場などを設計。数寄屋建築にもすぐれた。30年芸術院会員,42年文化勲章。昭和59年11月26日死去。93歳。佐賀県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

むらのとうご【村野藤吾】

1891‐1984(明治24‐昭和59)
建築家。佐賀県唐津市に生まれ,1918年早稲田大学建築学科を卒業。以後折衷様式建築の修練を積み,近代的な表現技法と,伝統的な建築素材のもつ濃やかな情感を体験として探り当てた。29年独立して事務所を構え,宇部市民館(1937)など戦前に早くも戦後日本建築の水準を抜く近代建築を生んだ。世界平和記念堂(1953),日本ルーテル神学大学(1970)など作品多数。数寄屋住宅の名手でもあった。【丸山 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むらのとうご【村野藤吾】

1891~1984) 建築家。佐賀県生まれ。早大卒。晩年は曲線を駆使した自由な造形で知られる。代表作にそごう百貨店・宇部市民館・世界平和記念聖堂・箱根プリンスホテルなどがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村野藤吾
むらのとうご
(1891―1984)

建築家。佐賀県唐津生まれ。1918年(大正7)早稲田(わせだ)大学建築学科卒業。大阪の渡辺節(せつ)建築事務所に入り、29年(昭和4)までチーフ・デザイナーとして多くの設計を手がける。29年独立して村野建築事務所を開設。翌30年欧米に遊学。帰国後の森五ビル(1931)などの設計で注目される。主要作に大阪の十合(そごう)百貨店(1935)、宇部市民会館(1937)、世界平和記念聖堂(1953)、東京のそごう読売会館(1957)、日本生命日比谷(ひびや)ビル(1963)、千代田生命本社(1966)など。古典に近代感覚を自由に盛り込んだ作風と、熟達した実務派として高い評価を得た。55年(昭和30)芸術院会員、67年文化勲章受章。[天田起雄]
『『村野藤吾作品集』全2冊(1983、84・新建築社) ▽『村野藤吾和風建築集』(1978・新建築社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村野藤吾の関連キーワード佐賀県唐津市宇木佐賀県唐津市浦佐賀県唐津市鏡佐賀県唐津市久里佐賀県唐津市高島佐賀県唐津市菜畑佐賀県唐津市西唐津佐賀県唐津市半田佐賀県唐津市原佐賀県唐津市東唐津

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村野藤吾の関連情報