コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘れ残りの記

1件 の用語解説(忘れ残りの記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

忘れ残りの記

吉川英治の半自伝的小説。1957年刊行。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忘れ残りの記の関連キーワード朝顔夕顔あるぷす大将かんかん虫は唄う剣難女難胡蝶陣左近右近新・水滸伝平の将門月笛日笛万花地獄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone