念念生滅(読み)ネンネンショウメツ

デジタル大辞泉の解説

ねんねん‐しょうめつ〔‐シヤウメツ〕【念念生滅】

仏語。一切の事象が時々刻々に、生じたり滅したりしていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんねんしょうめつ【念念生滅】

〘仏〙 宇宙にある一切のものは、刻一刻と生じたり、滅したりして、絶えず変化していること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android